内容のない手紙を送ろう

多趣味。にわか音楽好きのミーハーブログ。SKY-HI(a.k.a. AAA 日高光啓)、SixTONES(ジャニーズJr)、そして宝塚などなど。多趣味で、誤字脱字が多い。

宝塚音楽学校受験・体験記3

面接の話の前に、待機場所の思い出の、付け加えです。


まず、予科ルームでは、声出しOKでした。
最初はみんな緊張気味で、
声出しする雰囲気じゃなかったんだけど、

「あれ、みんな面接の前に声出ししなくて良いの〜?」
「今やって大丈夫だよぉ〜」

という本科生さんのお声がけで、一斉に声出しが始まりました。

「あめんぼあかいな」を恥ずかしがりながらやる子もいたし、
「は!は!は!」って腹式呼吸の練習する子もいたし、
本番さながらの練習をする子もいました。


あとは、レオタードにつける番号札。たぶん布だったと思うのですが、これの位置が難しくて、本科生の方に直していただきました。良い思い出です。

さて。続けます。

一次試験面接

自分たちのグループ(10人のグループ)の番になったら、本科のお姉さんの指示に従い一列で部屋に入ります。素早く、慌てず、ちょうどいいスピード感で。私は列の一番後ろだったけど、先頭の子はちょっとプレッシャーかもなあ…

私が受験した時の会場は、おそらく普段は声楽か座学かで使われていそうな中くらいのお教室でした。

こんな感じ。
f:id:vvvvvv6tones:20180225002011j:plain

縦、かつ雑ですみません


で、
入ってすぐ目に入ったのは…

なんとまあそうそうたる座付き演出家のお歴々が審査員席に!

覚えている限り…

小柳先生、稲葉先生、石田先生、大野先生…

ホワイトボードの前に机が並んでいて、そこにずらっといらっしゃいました。ミーハーの私はここでもワクワク。

あとは、学校の先生なのか、阪急の方なのか…
7、8人はいたのかなぁ…

そこから、(確か)石田先生が指示を出してくださいました。

「じゃ、一番右の方からどうぞ」的な。

ここから、いわゆる宝塚の面接ってやつが始まります。

一人ずつ、(確か)一歩前に出て、ホワイトボードに書かれている項目に答えます。

私の年は
「番号(当日貰う方=受験票の番号とは違う)」
「身長」
「体重」
「出身地」
「出身校」
でした。

「*番、*センチ、*キロ、**県**市、**学院高等部」といった具合ですね。一次の場合、一人が話しているあいだ他の受験生は列のまま立って待機してました。


面接のステレオタイプでいうと、一昔前にこんなのがありましたが…
www.youtube.com
もちろんこれはネタです。大げさ過ぎw。

実際は、もう少し自然なしゃべり方をする方が審査員に良い印象を与えるらしい、という説が浸透してる気がします。

しかし、面接では、声量、声質、滑舌などが舞台人として適切かどうかを審査する場ですから、塩梅が難しいですよね。はきはき、元気よく、笑顔で、大きい声で、でも、やりすぎず、品良く

どこまで参考になるかわかりませんが、私は、初舞台生ラインダンス披露会の記者会見での、委員さんたち*1の喋り方とか(細かすぎる)、スカステニュースのアナウンスとかを研究してました。

で、面接対策は受験スクールによって個性がでることもあります。
本番では、となりの子の口調に影響されず、
自分らしく落ち着いて話すことを心がけました。



10人が諸事項を言い終わると、次は「右向け右」のお時間です。

文字通り、石田先生が、
「はい、じゃあ右向け右」
というので、ルルベでチョン!と右を向きます。

横顔と、横から見た立ち姿のチェックです。猫背とか、背筋伸ばそうとしすぎてへっぴり腰にならないように気をつけます。笑顔キープ。

んでまた、「右向け右」と言われるのでさらに90度回ります。後ろ姿のチェックです。髪型が崩れて、後れ髪が見えてしまっているとここで減点されちゃうのかな。確か私はジェルとワックスのダブル使いで、プラスチックばりにガッチガチに固めました。ジェルの4分の1くらい一気に使った気がする(笑)

「はいこっち向いて〜」とかなんとかで、残り180度を回って正面に戻ります。

最後は、「笑顔」のお時間。
「はい、笑って〜」と指示があります。

ここまでずーっと笑顔だったのに今更何をどうしろと言うのだというツッコミはよそに、凝り固まった筋肉を駆使して一番のスマイルを披露します。

これで、面接は終了だったはずです。
指示が出たら、入場と逆の順に、退室しました。


ここまで、かかった時間およそ5〜6分
本当にあっという間。このために2時間も緊張の待ち時間を過ごしたのかと、今考えると、感慨深いですね。

面接が終了したら、終わった順に帰れます

予科ルームに戻り、
着替えて、
荷物をまとめて、
本科の方々に会釈して、
階段をおります。

確か出口でゼッケン(番号の布)と受験票を引き換えで返したんだっけな…ここら辺の記憶が曖昧です。なにかしら手続きがあったと思いました。

そして、
また戻ってこられるように祈りながら、
音楽学校を出ました。


ちょうど、お昼頃のことでした。


(続く)(はず)

*1:その期で一番成績が良い4人