内容のない手紙を送ろう

多趣味。海外住み、にわか音楽好きのブログ。SKY-HI(a.k.a. AAA 日高光啓)、SixTONES(ジャニーズJr)、などなど。要はただのファンです。

ジャニオタがうっかりSKY-HIにハマっちゃった話

SKY-HI a.k.a. 日高光啓: 日本のラッパー、シンガーソングライター。男女6人組のパフォーマンスグループAAAのラップ担当でもある。

ジャニーズJrを応援しているわけですが、自軍の現場が8月までお預けなので最近暇なのです。(って言ってたらミュージックDAYに亀と山Pバックとして出演っていう不意打ち食らったよね。)


まあとにかく暇なんで色々と動画をサーフィンするわけじゃないですか。

バラエティーみたり、ドラマみたり。

でも心の底では「まあこれ以上趣味を増やすわけでもないし…ってかそもそもミーハーなのにこれ以上何かにハマったら破産するわ」と自分にブレーキをかけ…












たと思ってたんですがね。








ホントにたまったま見つけたのが「SKY-HIの高速ラップがすごすぎる」動画。やばなんだこの滑舌お化け。だいたいこういう手の動画は「すごすぎる」って言って「まぁちょっとすごいかな」くらいのレベルのものが多いけどこれは正真正銘のすごすぎる。しかもイケメンな。

続けて日高光啓即興ラップ動画。やばなんだこの語彙力お化け。ってか本当に即興で思いつくとか頭の回転早すぎな。ねづっちか。

トドメにZIPのSKY-HIインタビュー動画。グループでデビューしてからも事務所黙認状態で一人クラブで戦って、地道にラップの技を磨いて、今や他のラッパーからも一目置かれる存在となり、2013年にようやくソロデビューを果たしたとかいうかっこ良すぎる経歴。


この人誰っすか。

気になったらソッコー調べるよね。はい完全に沼フラグ立ちました。


まず、某J事務所さまと違って日頃慣れ親しんだ環境と違って、公式MVがYoutubeで見放題
ありがとうエイベックス。

しかも何って、

洋楽の造詣も深いらしいSKY-HIの楽曲が、私の好みにドンピシャなものばかり。



アドベンチャー、ナナイロホリデーの順で聞いた私の第一印象は、

「ここに見つけた日本のBruno Mars!!!」

ラップだけどサビはメロディアスで耳に残る。しかもバックにつくダンサーとバンド(のちにSuper Flyersという名前があることを知る)との関係性も、BrunoとHooligansを彷彿とさせるいい雰囲気。アイドルソングの良い意味でも悪良い意味でもシャカシャカした軽いリズムじゃなくて、ベースもしっかりと聴かせた重みのあるビートとかっこいいホーンズセクションが最高。体が勝手に踊り出す。とはこのことか。



そしてさらにMVを見まくるよね。ラップっていうとアイドルのラップか、アングラのちょっと乱暴なイメージかの両極端のイメージしかなかったんだけど、それは大きな思い違いだった。シングルA面の曲は、ラップとホップス他、様々な音楽スタイルの見事な融合。もちろんB面曲のようなバリバリヒップホップ曲もある。しかもこれを基本セルフプロデュースしてるとか


しかもイケメン。いやはやMVが華やか。



んでさらに調べるじゃん。またまた某J事務所さまと違って日頃慣れ親しんだ環境と違ってSpotifyで最新アルバムが全曲聴けるわけですよ。なんなのその大盤振る舞い。

あ、なに?ちょっと気になってるの?どぉ〜ぞどぉ〜ぞハマってくださいな。お金はハマった後でたっぷりいただきますよ♪

ってことですか。

という訳でまんまと”OLIVE”聴くじゃないですか。おったまげた

アルバム曲ではいろんなジャンルのエッセンスが入り乱れて、でもトータルではまとまっている。共通するテーマだったり、ストーリー性があるからか。Stray Cat とか十七歳とかOver The Moon 辺りはもはやジュークボックスミュージカルにできそう。How Much?のエッジ効いてる感じとか、ここまでスパッと言ってくれるんだ!と感動したし(その後Silly Game から例のYouTube公開曲キョウボウザイが出てきてこれをさらに実感するんだけど)(私は彼の社会的な姿勢を完全リスペクトしてます)。社会風刺するだけじゃなくてクライマックス近くの創始創愛で世界平和を歌うあたり本当に泣かせにかかる。CDで泣きそうになるとか初めての経験なんですが。そこから改めてナナイロホリデーを聞くと、

>>「夢の中なんかよりここは 喜びに溢れてる」<<

っていう歌詞が効いていて、また新鮮に心に残る。




んでさらに調べます。ここまでくると沼に完全に入水してます。
公式ブログを読む。公式ツイッターを読む。インタビュー記事を読む。
自分の仕事や自分のファン、音楽業界に対する愛と情熱が、知性溢れる文章で綴られている。自分の音楽についてこんなに熱く語れるのってすごい。かっこいい。自分が世に発表して、人にお金を払って買ってもらう作品=商品に対して、作り手として並々ならぬ責任感と自信を持っているんだなと実感。



そしてSKY-HI経由でさらに広がる音楽の輪。
まずSKY-HI経由でAAAへ。
そしてSKY-HI経由で彼がコラボしたヒップホップアーティストへ。
さらにSKY-HI経由で彼がリスペクトしている洋楽アーティストへ。
ここ数週間で前代未聞の広がりを見せている私のプレイリスト(笑)





そう、AAAね。AAAの曲も、ジャニオタしてるとなぜか食わず嫌いして今までちゃんと聴いたことがなかった自分が恥ずかしいくらい名曲だらけだった。こちらはJ-POPの王道を行っている。これもこれでいい。AAA気になった勢は必ず通るであろうキズナ合宿をまずはじめに見るという定石を踏み、あれやこれやと楽しんだ結果、いや〜


だっちゃんてめちゃ面白いし可愛いな」

という結論に至った。



私が良い意味でとても驚いたのは、彼がAAAとしての活動も完璧に両立している点。

(そもそもAAAをアイドルと位置付けるかも微妙だけど、自分で「俺はアイドル生まれヒップホップ育ち」って言ってるからそれでいいんだと思う。)


SKY-HIとしての活動は、アイドルグループのメンバーが片手間にちょっとソロ活動もしてますみたいなのとは天と地の差がある。メジャーデビューからはまだ4年なのにアルバム3枚とシングル9枚。毎年ツアーで全国廻って、フェスにもバンバン出て、今年の5月には武道館公演も。仕事量だけを考えても、ソロのみで活動している他のアーティストと変わらない。これをAAAの活動をしながらこなしている。ホントいつ休んでるんですか。



しかも、それでいて精神面でもAAAのパフォーマンスがないがしろにされているわけでは全く無くて。

入手した東京ドームコンの映像ではめっちゃあざと可愛い笑顔振りまくし、「上の方もちゃんと見えてるよ」とかめっちゃ王道の煽りしてるし、超パリピなラップしてるし。とにかく、他のアイドルがアーティスト路線への夢を持ちすぎて、アイドルとしてのグループ活動から心が離れていった例をいくつか知っている私にとって、これはものすごいことだった。



本名の日高くんが本当に表現したいことは、もしかしたらSKY-HI としての活動により反映されているのかもしれない。でも、AAA日高光啓としての彼は偽物なのかといったら、はたから見てそうとは思えない。ある意味完全に別物と捉えるのが楽だし、でもどちらが本物かと問うのは愚問かなと思う。


それ以上に、それぞれのファン層から何を求められているかを的確に見極めて、その上で100%の表現を見せる彼は、正真正銘のプロだなぁと感じた。




とにかく、知れば知るほどかっこいい。尊敬の思いが溢れるSKY-HI。
名前の通り、空高いところから、鳥の目のような視界(音楽的にも社会的にも)を持っている方だなあと感じています。
私も、同じように新たに視野が広がった気がする。SKY-HIに出会えて良かったなぁ(数週間前の話だけど)。

出会ってから日にちは浅いけど、とにかくハマったら一直線の性格なので、随分と長らく語ってしまった。


あ、

もちろんSixTONESも引き続き大好きですよ。
夏のEXは人生初の現場参戦なので燃えています。

私はあれです。牛に胃袋がたくさんあるみたいに(どんな例え)趣味のキャパは無尽蔵な人間なので。同じジャンルの内なら浮気はしたくない(例えばジャニーズの中では1グループのみにしぼりたい)けど、ジャンルが違うならいくらでも手を広げちゃうタイプ。


でも、AAAの歌声とかSKY-HIのラップ聴いていると、ストがデビューしたら戦う相手はたくさんいるんだなぁと、ストの6人はまだまだ上を目指していくんだなぁと、6人の伸び代にも期待が高まる、そんな7月を過ごしています。